スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.9.7 PvPレポート!

ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ
wo_20120907_232657.jpg
<大人気>
強いMAGさんの魔法は死んででも受けてみたいもの。
それにしても人気すぎである

上級スキル実装によりPvPにも新たな風が舞い込む秋。
皆様如何がお過ごしでしょうか。
魔法も物理もさらなる進化を遂げて、殺傷能力抜群のスキルで大暴れ!
そんなことを思い描いてPvPして行きましょう。

それでは動画は続きからどうぞ
 




タイマン戦

相変わらずFIGの参戦者が多いですが、そこは対人という土俵である以上は割りと普通。
上級魔法実装により継承スキルの組み直し組が多いのもあるでしょう。
次の週末には転職作業を終えてリジェネや大魔法などの恐ろしいスキルを持った人々が参戦しそうで怖いです。















乱戦

やはり最初に火力のあるプレイヤーを排さなければ生き残りは難しいようです。
生存能力とガチ対決の実力を兼ねていなければなかなか勝利はつかめませんが、運も実力のうちということにして沢山の人の参加をお待ちしております。

相変わらず乱戦は人が多いので会場へはお早めに。









PT戦

今回は多数決でPTでの乱戦!
PT戦はどちらかと言うと生存能力のほうが重要で、生き残ったのが自分だけ、となってもなかなか勝ち目がありません。

「いきなり魔法が飛んできてすぐ死ぬ」と思う方は↑の乱戦やこの動画などをよくご覧ください。
乱戦中のMAGたちの位置、大魔法を撃つ際の立ち回り。
フィールドの角から炸裂させている場合が多いです。
録画のカメラの位置からもわかるように、フィールドの四隅は見通しがいいのですね。
障害物が少なく背後を取られにくい場所、自然と遠距離職はそこを選んでいるのがわかります。













今回のPvPはいかがでしたか?
さぁあなたも、レッツ PvP!!!



Pickup

今回ご紹介するのはトーチライト麻痺耐性について。
PRIメインである主催の経験から、ステルスもちさんとそれを見破りたい方々へのささやかなお話です。

<トーチライト>
PRIのスキルで、DAを1以上とっていることで取得できるスキル。
その最たる能力は「ステルスを見破りデバフ(麻痺)を与える」こと。
CTよりも効果時間が長いためMPが許す限り常時使用が可能である。

スキル調整により見破り効果がより広範囲になったため、ステルスをした側が姿を隠すには攻撃が当たらない範囲まで離れる必要があります。
体感ですが、サークルヒールと同じくらいかそれ以上に広い場所まで効果がおよびます。
追加デバフの麻痺は必中であるため、一度効果範囲に入ると必ず効果を受けます。
ステルス使いにとってこれほど厄介なものはないでしょう

そこで、麻痺耐性の出番です

<麻痺耐性>
WizOnの「耐性」は100%まで詰むことで完全無効(効果自体を受けない)とすることができますが、麻痺はちょっと他とは違う特徴があります。
なんと、麻痺は30%以上を積むことで「麻痺効果」自体は受けるのですが、ビリビリと痺れて「攻撃不能」になることがほぼ無くなるのです。

麻痺の痺れ効果の発生率はもともと高いのですが、耐性を詰むほどその発生率が大きく下がり、30%を超えた当たりでほぼ無効化されます。
そのため100%を積んで完全無効としなくても、30%くらい耐性があれば麻痺効果を受けたアイコンの表示はされても、実際に痺れて攻撃ができなくなることは皆無に近い状態になります。
トーチによる麻痺がちょっとうっとうしいなーという方は麻痺耐性の取り入れ検討をおすすめします

※デバフを受けていることに変わりはないのでワーゼンブロウ(デバフ有の敵へのダメージ増大)などには要注意です




壁紙コーナー

今回の乱戦勝者たち。
サイズはいつもどおり1280✕960

wo_20120907_224442.jpg
wo_20120907_231002.jpg
wo_20120907_232535.jpg


ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ
↑↑
ランキング参加しています

スポンサーサイト
Author by マイケル / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページtop
Designed by マンゴスチンw /

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

トラックバック:

http://michel5260kinbaiso.blog.fc2.com/tb.php/80-1c0f5947
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。